04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

古楽を中心としたリサイタル・コンサート

  : 

私の心に届いたコンサートの感動を、折に触れ記してゆきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

9/28日のコンサート 

9/28日のコンサートチケットは、お陰様で楽しんでいただける方に
代わっていただけましたので、ご報告いたします。

有り難うございます。
スポンサーサイト

チケット差し上げます。 オペラシティーコンサート 9/28  

9/28日、オペラシティーのコンサート、
早めにお席を確保しましたが、事情があって伺えなくなりました。
11列の11番なのでまぁまぁのお席だと思いますが、空席にするに
忍びなく、どなたかご希望が有れば差し上げたく存じます。
ソプラニスタの歌声を楽しんでいただけそうな方、メールでご連絡下さい。
できれば感想などこのブログに投稿していただけたら嬉しいのですが・・・・

hikoma@d1.dion.ne.jp

先着順にさせていただきます。



「よその歌わたしの唄」 

「よその歌わたしの唄」、相変わらずの山田カラー。

「えらいよ、相変わらずってのが山田さんらしくて」

“いかにもつくりものって感じね”

見終わって思わずそう呟いてしまった私に、潔さんがそう返してきた。

そうね、きっと好きな人は同じフィーリングを求めるから、それも
しかたないのかも・・・とは思ったけれど、そもそもこの番組に目が
いったのは「いしだあゆみ」さん、久しぶりなのでちょっとびっくり。

だいぶ以前になるけれど、向田邦子シリーズでの好演が印象深く、
歌手としてより女優としてのいしださんが記憶にあった。

それだけに、今回の起用、少々無理があったように思えてしまったが、
物語の最後にピアノを弾きながら「また会う日まで」を歌わせたのは
さすがに山田太一さんならではの心憎い演出。

タイトルの「よその歌」「わたしの唄」、「歌」と「唄」と同じ“うた”
でも、使い分けているのも山田さんのこだわりなのでしょう。
そんなところからも、きっといしだあゆみさんでなければならなかった
理由がありそう・・・・・
TV・映画  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

オクトーバーフェスト 



P1120544.jpg



五月なのに、なぜか「オクトーバーフェスト」? でも、まぁ、そんな事は考えず、とにかくビールを楽しみましょう!

P1120552.jpg

バイエルン王家の末裔の城内にある醸造所で醸造されているヴァルシュタイナー、「ビールの女王」との名を持つ黄金色のピルスナー。


P1120545.jpg

よくもこれほど集まったと驚くほどの人・人・人・・・・・ 

P1120550.jpg

やっとのことで座れる席を確保し、「ムール貝とあわび」のセットを注文。

P1120549.jpg

イギリスでバケツ(?)いっぱいのワイン蒸しムール貝を食べた時の美味しかったこと! それ以降はフランスでKikiさんと船で島に渡って食べたムール貝が美味しかったけれど、日本ではついぞ美味しいムール貝には巡り会っていないのに・・・・このようなフェスタで・・・・・

P1120553.jpg

とにかく大きい! 美味しい! すごく美味しい!!!

P1120551.jpg

パウラーナー セント・トーマス、日本初登場、会場限定ビール!

P1120554.jpg

ミュンヘナー ヴァイスヴォースト、ドイツを代表する白ソーセージ。
ドイツではこの白ソーセージと共に、キドニーのお団子スープ(名前はわすれた。。。)を食べて、それが素晴らしく美味しかったけれど、日本ではついぞお目にかかれない。どこかにこのキドニーのお団子スープ扱っているお店ないでしょうか?






グルメ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

フィギュア 高橋 フリーでは首位に! 

やっと・・・・・万感胸に迫る思い・・・・

このところずっとずっと不調だった高橋選手、今回の国別対抗戦ではチームを率いる
キャプテンとして、チームを引っ張っていかなければならない立場。
「チームを支えていきたいと思った」と語っていましたが、課せられたプレッシャーは
計り知れない大きさであったことでしょう。
その重圧の中で、ショート2位、フリーではパトリック・チャンを抑えて首位に!!!

今期見納めとなる「道化師」、4回転ジャンプは着地で手をついたものの見事に
まわりきって、得点はしっかりゲット!
最高レベルのステップは鮮やかで力強く、会場全てを引き込んで大輔の世界に。
結果、次にパトリック・チャンを残して1位の好成績。

とはいえ、パトリックがどのような演技で追ってくるか、画面から目が離せません。
相変わらず、美しい滑り出し、しなやかで優雅で、立て続けのジャンプも悔しいことに
決まっていきます。 あぁ~~~  あぁ~~~  あぁ~~~  と、突然
あっ、転倒!  でも、彼の場合転倒してもなぜかいつも高得点、今回もまた・・・
ところがまたもやミス、ミス、転倒と、次々に信じられない光景が展開していき、
まさかまさかで目を疑う結果に。でも、それでも高橋に続く2位。
??????
3位になったケビン・レイノルズさん、納得いかなかったのでは?

でも、でも、それはそれとして、高橋大輔の1位獲得は嬉しい

日本はペアの種目へのエントリーがないため、ハンディがあるけれど、明日の女子にも
頑張っていただいて表彰台に を是非見たいものです。

ショート2位だった鈴木明子さん、5位に踏みとどまった浅田さん、頑張ってくださいね。
フィギュア  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。